FC2ブログ

どんな機械でやっても脱毛は痛いんじゃ~(。>0<。) だ・か・ら③

僕が、痛いの嫌いだから脱毛ですら笑気かがせちゃいます。の巻



脱毛のこと、少し間があいてしまいましたが張り切って行きましょう。


まず、前回の続き。


脱毛は痛いんだよ。なんでかって毛を作る組織を焼き切るんですから(´・ω・`)


だから、なるべく痛くないようにするんだけどそれがいわゆる機械についてるクーリングってシステムです。

でも、実際僕もアレキサン
ドライトや、うちのProwave770

(うちの看護師さんがときどきパワーウェーブと呼んでますがプロウェーブですのでよろしく)

を使って脱毛しているんだけどやっぱり痛いね。


でも痛みには条件によって非常に感じ方が違います。


①パワーが高いと痛い 細い毛とかで反応を高めるためにパワーを高くすると              Pain UP↑


②場所によって痛い  僕の経験上、胸毛とか結構楽だけど指毛(手も足も)は痛い。などなど。ワキは、やってないからいまいちわからないけどほどほどらしい。


③毛が濃いと痛い  僕は、ヒゲうすいから全然ほっぺたとか痛くないけど、濃い人は大変です。


などなど・・・






それでも、やっぱり毛が濃いのは困ることっていっぱいある。

なんだかんだ言っても、毛深い人が苦手な人いっぱいいるしね。




だから、脱毛はしたほうがいいことが多い。


でもたくさんの人が、チャレンジして痛みに負けて脱落しちゃってる。


だから、医療機関は麻酔できるんだから麻酔したほうがホントはいいとおもう。


麻酔は二種類。笑気とクリーム麻酔。

笑気は、かいでる間ぐるぐるふわっ(@_@)とします。

クリーム麻酔は30分くらいで効いてきます。(時間に余裕をもって・・・)



まったく痛くないわけじゃないけど、やっぱりやらないよりは楽だと思う。


ご相談は気軽にどうぞ(‐^▽^‐)





←クリックお願いします。





スポンサーサイト



独身美容外科医 35歳の誕生日は・・・

非常にわたくし事ですが最近、35歳の誕生日を迎えました(*゚ー゚)ゞ

比較的、若くに見えるといわれていることもあり(貫禄不足かな・・・)

年齢を聞かれると大概29歳ぐらいと答えています。


正確に言うと29歳と72か月(誰か風?)ですか?


つい最近の25歳くらいには35歳にはきっと結婚してるんじゃないかなと思っていましたが、人生とは予想通りには全くいかないもので未だに結婚の気配がありませんσ(^_^;)


周りの友人は結構速くて、仲のいい同級生はもう子供が4人いて幸せそうです。


37歳を越えてバツなしで独り身だと社会ではホモだという疑いがもたれるそうです。

それまでには、なんとかしたいものです。


そんな、僕ですがクリニックのスタッフがお祝いしてくれました。

なんか怖い写真ですが、しっかり35年分のローソクが立ってて、何年かぶりに吹き消しました。



意外と幸せな誕生日だった気がします。


ありがとう(^∇^)






Sincerely Yours  Dr.Cynthia










 今日もクリックしてくれるといっそう幸せです!


Cosmedical・・・  美容外科・美容クリニックをOPENして

銀座に美容外科クリニックをOPENして明日で10日目になります(*^▽^*)


みんなの人生がより良くなるための前向きな医療ならなんでもやっていきたいから、本当は美容外科って名乗りたくない。

まだ、少しの人しか使ってない言葉だけどきっと、Cosmedicalって単語はこれから当り前の言葉になっていくんじゃないかなって思ってるし、そうなっていくようにCosmedical Clinic Cynthia を頑張っていくつもり。


美容外科って怖い。美容外科医の僕だってもし患者さんだったら外科って書いてあるところは痛い思いするんじゃないかって思う。


でも、今の美容医療って必ずしも痛くない。


痛くなくって普段使いにできるメニューはいっぱいある。効果だけ考えたら、いわゆるエステティックサロンの数十倍の効果があるって断言できるものがごろごろしてる。


みんなへのプレゼンテーションが足りないのを自覚してる。

いろいろな足かせがあるから思うようにはできないこともある。



みんな、ソ○ープラザで7000円もする聞いたこともない化粧品を平気で買っていく。使いきれるのかな・・・とか、効果あるのかな・・・とか思う。(一年後もその商品売ってる?)7000円あったら、うちに置いてある化粧品のうち実感できるすごくいいもの買えるなぁ(´・ω・`)


相も変わらず、夜中にはEMS+ブルブルで痩せるってテレビで・・・

この前、お役所に優良誤認だって怒られたばっかりだろ

テレビで夜中に、30000円出して一か月も使わないもの買ってる人きっとたくさんいる。


美容業界って本当に嘘が多い。

Medicalなら大丈夫ってわけじゃないけど、ちゃんとしたクリニックなら、治療にはある程度のエビデンス(効果があるという実証)があるものをつかっているはず。(このエビデンスの質を見極めるのが難しいんだけど)


だから、美容医療業界は、もっともっとみんなにこっちを向いてもらうようにがんばらないといけないと思う。


Cosmedical Clinic Cynthia もまだまだ生まれたばかり。

みんなのよりいい人生のパートナーとして認めてもらっていけるようにがんばっていかないと・・・



Sincerely Yours  Dr.Cynthia



                   


                                         やさしい人、クリックお願いします。





シミをレーザーでとるということ 

最近、シミをレーザーでとることが多いです(*^.^*)


昔は、シミは通電して焦がしてとったりしていて大変な思いをしていたと患者さんから聴いたりしましたが、今ではレーザーでとることが主流かな。


シミを取るのに優れているレーザーは大きく分けると三つ(断言していいのかな・・・)Q-スイッチルビーレーザー・Q-スイッチYAGレーザー・炭酸ガスレーザー。


前の二つのレーザーは基本的にメラニン色素に吸収されると強い熱を出すタイプ。

炭酸ガスレーザーは肉体なら何でもかんでも蒸散することができるえぐいタイプ。


他にも、シミをとることができるものはあるけれどもこの3っつを性能で上回るものはないと思います。




うちCosmedical Clinic Cynthia には、炭酸ガスレーザーとQ-スイッチYAGレーザー・があります。


手前の青い機械がQ-スイッチYAGレーザー後ろのプリミティブな雰囲気の機械が炭酸ガスレーザーです。



どんな役割の違いがあるかというと、Q-スイッチYAGレーザーは、おおざっぱに言うと平たいシミに効くということです。

大体の、平らなシミで肝斑ではないものはこのレーザーの出番です。

治療はすぐに終わり、痛みもそれほどないすぐれものです。


TATTOOの除去にもかなり威力を発揮します。



後ろの炭酸ガスレーザーは、結構通好みの機械で、シミで言うとお年寄りでシミをほっておいたら盛り上がってきちゃったってものに使います。

かなり、威力が強いので(うちの炭酸ガスレーザーちゃんには三つモードがあって、それぞれ すごく強い・いい感じに強い・マイルドな感じの三つです。(いつか真面目にモード説明しますm(_ _ )m)


ほくろも除去が可能です。



でも、どんなやり方でやっても処置後には越えなくてはならないヤマがあります。

それは、とにかくシミを取った部分の安静を保つことです。


具体的には、テープを10日間くらい貼って、そのあともこすらない、触らない、日光に当てない、っていうのを半年は続けてもらうというもの。

適当にやって、OKヾ(@°▽°@)ノな幸せな人がいる一方で、炎症後色素沈着がでてしまう、損なタイプもいてもし炎症後色素沈着が出てしまうとシミを取って一度きれいになってもその後シミがまたでてきてしまうのです。

(もっともこのシミは、半年くらいで目立たなくなります。)




では、どんなテープかというとこんな感じです。


人差指の上にあるのがハイドロコロイドというタイプ。

左が肌色のばんそうこうです。

(この手はかっこつけてるわけではなく指し示してるだけです

(*゚ー゚)ゞ)


貼ってるもの自体の大きさが違うけど覆える創の大きさはほぼ一緒。

見てわかるように、ハイドロコロイドのほうが小さいし目立たない。

軟膏も塗らなくていいのでらくらくです。(それでも大きさによっては目立ちます。)

Cosmedical Clinic Cynthia で使うのは基本的にハイドロコロイドが多いかな。








美のためには、少し遠回りしてもらわないといけないことって結構多いけど、なんとかみんな頑張ってくださいね。


できる限りのサポートを心がけているDr.Cynthiaより


Sincerely yours




            

            今日の綺麗にクリックよろしくね







どんな機械でやっても脱毛は痛いんじゃ~(。>0<。) だ・か・ら②  by Dr.Cynthia

 ①からのつづき、①の永久脱毛のページを読んでからのほうがいいかも(*^.^*)




銀座にある美容外科クリニックCosmedical Clinic Cynthiaでは、Prowave770という機械(最新の医療脱毛用フラッシュランプ)を使って永久脱毛をしています。





使い慣れた、アレキサンドライトレーザーも捨てがたかったし、医療用のきちんとした機械を使えば、ほとんどの場合でどんな機械を使っても満足のいく結果が出ます。

だから、この脱毛機械だから特別だって声高に叫ぶ気はあんまりありません。


でも、いいところがいっぱいあって導入したものなので紹介しますね(^O^)/


その① 

 脱毛に効果的と検証されている波長の光(770-1100nm)を幅広く発振する事が可能で、肌の質によってすごく簡単に適したモードを選ぶことができる。

つまり出力、クーリング、波長をいっぺんに調整することができるすぐれものです。

(レーザーはその性質上波長は一つだけ。フラッシュは広い範囲の光が出せます。)


よってアレキサンドライトでは難しかった、色の黒い人、色素沈着の多いIラインなんかも安全に処置できる。


よく、レーザーよりも出力が小さいと思っている人がいるけど(Dr.もそう誤解している人が多い)

Prowave770に関していえばまったくそんなことはありません。


レーザーと同じくらいしっかりとした出力があります。とてもではないけど医療機関以外では使えないものです。


その②

とても、脱毛が早く終わる。

写真を見てもらうとわかるけど、スポットサイズが10mm×30mm(3平方センチメートル)と広いうえ、一秒間に2回発信できるので今までの機械と比べると圧倒的にはやい。

早いと、患者さんが楽だし、早い分麻酔とかに時間を回すことができる。

とくに、ふととももなどの広範囲にすごい威力を発揮\(゜□゜)/


クーリングシステムも最新最強(と僕は思ってる)なので既存の機械では最も痛くないはず




その③

エステのうたい文句に似てるけど実は、フラッシュでもフォトフェイシャルと近い要素も持っているので(ヘモグロビンを熱することができる)肌を引きしめることができそう・・・

本当は、あんまり言ってはいけないことかもしれませんが(;^_^A


そんな感じで、何かにつけ患者さんに楽してもらいたい、Dr.Cynthia好みの機械です。



楽して、永久脱毛したい人、気軽に来てくださいね。

Cosmedical Clinic Cynthia   03-5550-0567(年中無休です)


あΣ(・ω・ノ)ノ!わすれてた、これクーリングがあるから痛くないかって?


いや、はっきりいって痛いです。前も言ったけど永久脱毛はどんな方法だって痛いんだよ。

クーリングなんか焼き毛根に水だよ。

だって、毛根の組織の一部を熱で破壊するんだから。

麻酔もしないで痛くないって宣伝してるのは、効果がないか、うそつきだね


僕が、初めてこの機械にあって自分に試し打ちしたときは飛び上ったからね。



予告 

どんな機械でやっても脱毛は痛いんじゃ~(。>0<。) だ・か・ら③

     僕が、痛いの嫌いだから脱毛ですら笑気かがせちゃいます。の巻



やさしい人は今日もクリックよろしく

                                         
                    こっちもクリックよろしく        




      

美容外科クリニック院長としてはじめての主催パーティーでした。



昨日は、東京湾大華火大会でした。

僕としては、四谷から引っ越してきた住居のお披露目会として、そして今回銀座の美容クリニックCosmedical Clinic Cynthia の開業に際してお世話になった方々や友人たちへの感謝の気持ちとしてのパーティーとなりました。






クリニックは、早めに閉めてしまってうちに帰ると、すでにたくさんの方々がいらっしゃっていて準備をしていてくれました。


外を眺めて見ると、晴海の主会場には大勢の方々がい、さらにレインボーブリッジ周辺にはいつもよりはるかに多い屋形船があってすごいことにΣ(・ω・;|||

なんか、ムスカのせりふ(オタクがばれますな)を思い出しましたが、大人なのでぐっと飲み込みました。




来てくれたのは、総勢で34人。想定では20人くらいだったので見積もりが甘いなあなんて思いながらも、心の中では大感激してました。


大学のときの友人は、皆奥さんを連れてきていたり、子供をつれてきてくれたりで唯一独身の僕としてはやや、なんか負けてる?的な気持ちにもなったりして・・・










華火は、写真みたいな感じで見えました。

尺玉とか尺半とかは上に上がるのですがほとんどは視線の下に上がるという不思議な感じ( ̄□ ̄;)!!








僕が、美容外科医師になる前、心臓外科医だった頃の同僚たち。













占術師で美容のことにもすごく強い、僕の大事な相談相手アフィ さんとお友達。











そのほかにも素晴らしい仲間がたくさんたくさん。


僕の周りにいる人たち、友達もお世話になっている人たちも、クリニックに来てくれる患者さんたちもみんなで幸せになれるようにがんばって行きたいと心から再確認できた会になりました。


みんなありがとう。


来年も楽しく集まれますように(‐^▽^‐)




    

  今日もクリックお願いします(*v.v)。

どんな機械でやっても脱毛は痛いんじゃ~(。>0<。) だ・か・ら①

よく、痛くない永久脱毛なんて言うけど、永久脱毛ってその理屈から考えるとやっぱり痛いんだよね。






左の絵は、ワキの皮膚の解剖の模式図なんだけど、ここのうちとにかく、永久脱毛では皮脂腺の近くにある膨大部という部分をやっつける必要があるんです。


昔は、毛根部のうち毛乳頭をやっつけるんだ~ってみんな考えていたけど最近は膨大部も大切とわかってきました。


やり方も、昔は毛穴から針を突っ込んで電気を流す・

そして針周辺を電気凝固してしまうというとてもアグレッシブなやりかた。針と電気のダブル攻撃はめちゃめちゃ痛い(iДi)

もしまだ、これを受けている人がいるなら悪いことは言いません。特殊な事情がないならもう止めてしまったほうがいいです。

まず、痛いし、時間はかかるし何よりやってくれる人のコストを考えたら高いお金がかかって当然な方法です。回数もかかるし、効果も安定しない。肌へのダメージも大きいです。


次に出てきたのが、アレキサンドライトレーザーというレーザー。

はっきりいってこれは革命的だったです。

どういう理屈かというと、アレクサンドライトレーザーは755nmの単一波長で(この波長はメラニン色素に吸収されやすい)毛根にあるメラニン色素に当たるとその部分で強い熱を発生する
毛根の組織がやっつけられてしまう。(毛乳頭も膨大部も)

やっぱり熱いし痛い(ノω・、)


ただし、休止期の毛にはメラニン色素がほとんどないので効かない。さらに、生えている毛に関しても100%やっつけるわけではないということで理想的には、2か月に一度づつTotal7回くらいで、ほとんどいっかというかんじになります。


(医療の世界でもっとも重要な基準であるFDAの永久脱毛の定義は一定の脱毛治療を行った後に再発毛する本数が長期間において減少、すなわち脱毛治療によって減毛された状態が長期間に渡って維持されていることですので全く生えないということではないです。でもほとんど無くなります。)


アレキサンドライトレーザーにも弱点がありました。

まず、波長が短いので深達度が短いということ。肌が黒いと皮膚のメラニン色素に吸収されて熱が出るのでやけどしてしまう。などなど・・・  あと、キャ●デラ社の脱毛レーザー(Gentle○ASE)を前は使ってたけど、少し口径が小さいことと一秒間に打てる回数が多くないので時間がかかってました。ガス冷却が付いていて痛さにも優しかったけど、やっぱり痛かったですね。(自分もやってたからよくわかります)

でも、とにかくキャ●デラ社の脱毛レーザー(Gentle○ASE)は画期的で素晴らしい機械でした。(某●●●クリニックがかつて他に売るなと販売会社に要請した伝説があるくらい(笑))



つまり、針だろうとレーザーだろうと組織をやっつける以上痛いものなんだと・・・


次回Cosmedical Clinic Cynthiaでやってる脱毛を紹介します。








今日は、スキンカスタマイズしてみた。

ブログが、あまりに素っ気ないので少し自分仕様にスキンをカスタマイズしてみました(^∇^)


まったくの初心者だから時間がかかってしょうがないし、本当はもう少しカッコ良くしたかったけどまあまあ頑張ったかな。


アメブロは、スキンのカスタマイズとか一般ユーザーのことをあんまり考えてない気がするな・・・

これくらいのこともっと簡単にできるようにするべきだよなあ(-_-メ


友達のブログを見つけようとしても探し方がいまいちよくわからないし。(見つけやすいのは芸能人ブログばっか・・・)


そんなに芸能人ばっかり大切にしてると一般ユーザー離れるぞっと。


ちなみに参考にしたサイト




アメブロトレンド       

http://ameblo.jp/ameblo-trend/theme-10000796263.html


WEB色見本 原色大辞典 

http://www.colordic.org/



こちらには、深い感謝を:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



                            
                             
クリックお願いします。

ヒアルロン酸希望の患者さんがいらっしゃってくださいました。



今日は、知り合いの方も来てくれてちょっと施術したりしているのですが、

広告を見てきてくれる方もぼちぼちいてとてもうれしかったですo(^-^)o


こういう風に、実際開業してみるともしかして誰も来てくれないんじゃないかとか、すごく不安になったりするものですが、こうやってきてくれるとやっぱり少し安心できます。


今日の方々は、やっぱりクーポンランドとかポコチェとかでヒアルロン酸を見てくれて来てくれたみたいでした。


折角ですので、うちで主に使っているヒアルロン酸を紹介します。


この写真は、Juvederm Ultra2 というもので、アメリカの美容のトップブランド アラガン社のヒアルロン酸です。


このヒアルロン酸のいいところはたくさんあるのだけどいくつかあげてみます。


①.ヒアルロン酸の架橋方法(通常のヒアルロン酸は体に入るとすぐに分解されてしまうので注射のヒアルロン酸は分解されづらい様に分子のつながり方を強くしている。そのやり方のこと)が最新で、

アラガン社は3Dマトリクスなんて言ってるけど、やはりFDAにも一年間有効だという承認されているし、いまあるヒアルロン酸としては一番すぐれている気がします。


②注入がなめらか。 実際に注射してみると非常になめらかな打ち心地です。これは、患者さんの痛みの軽減にもつながるし、術後に凹凸が出にくいというメリットにもなります。


③麻酔が入っている  もともと注射器の中に麻酔が入っているので痛みがかなり軽減されている。(今日の患者さまも今までで一番痛くないと言って言ってくれました(o^-')b) うちのクリニックの場合は麻酔クリームの併用やその他の麻酔も併用することもできるのできっと楽ですよ。


④注射器が使いきりサイズ。   使いきりサイズというのは素晴らしいことです。無駄がないということ。少し考えたら大きいシリンジはあまったら捨てるか使いまわすかだからね。うちでは、基本的に使い切っていますが、余ったら一定期間保持して次は5250円で打つことができます。


⑤入れ物がかっこいい  やっぱり高級品だから、高級感があるほうが患者さんもきっと嬉しいんじゃないかなと思う。


最後、ちょっとあれだけどヒアルロン酸のことはもう少しCosmedical Clinic Cynthia のサイトに書いてますのでぜひそちらも見てみてください。

ちなみに写真のディスプレイはアラガン社の日本の正式な代理店(コラーゲン社)が特別に作ってくれたものだからまだ日本に一つだけじゃないかな(う~んどうだろ)

興味ある人は、見に来てくださいね(^∇^)



この花は、銀座の開業医の先輩(東銀座の交差点にある長歯科医院 の長先生が送ってくださったものです。)

とてもかっこいい先生でいつかあんな笑顔のかっこいいDrになりたいなと思っています。

インプラントの先達者で少し話しているだけですごい先生だとはっきりとわかります。

銀座で開業する時にこのような方と知り合えて本当に幸運だと表います。




幸運といえば、OPEN日の昨日銀座ではすごい雷と雨でした。

でも、雷は未来を切り開く吉兆だからとある方にいわれ、とても心に響いてしまいました。皆さんのより素晴らしい一生を医療からお手伝いするために長く続けて行きたい。この願いのために頑張っていかないと。




←一回ずつクリックお願いします。


開業前夜

銀座にあるCosmedical Clinic Cynthia はいよいよ明日開業することになりました。

いろいろ準備をしていてやっぱり感無量です。

まだまだ不安なこともたくさんあるし、少し押しつぶされそうな気持ちになることもあるけれど、たくさんの人に支えられて頑張っていける気がしています。



今までに、見たことがないほどたくさんのお祝いの胡蝶蘭をいただきました。

眺めていると、少し涙腺が弱まる思いです。


みなさんありがとう。









今日はいろいろ大変でした。

今日は、銀座みゆき通り美容外科 の院長先生と、美容新宿三丁目クリニック の院長先生が銀座Cosmedical Clinic Cynthiaにいらっしゃいました。


お二人とも、あたらしいクリニックに対してとても温かい目で見てくださっていて(叩き潰そうなんて思わない優しい方々でほっとしました。)しかも、お祝いなど頂いてしまい、本当に恐縮です。


みゆき通りの先生にはいろいろなところで知らないうちに業者さんなどに話をしていてくれたみたいでした。


世の中厳しいことばかりではないですね(^∇^)



ところが、父が倒れて入院してしまい、夜の12時くらいになって実家近くの病院に見舞いに行きました。

吐き気と腰痛とがあって、CTもMRIもとっているのに採血も、心電図もとっていないやや亜空間な病院で心臓外科出身の私としては愕然となってしまったわけですが、土曜日の夜の緊急入院に対応してくれているわけで・・・


こちらから丁寧に丁寧にお願いして心電図をお願いしました。

腰痛は元からあるので、むしろ吐き気が心筋梗塞のあらわれだったらやだなあと思ったわけです。(真っ先に考えなければならないものです)

幸い、心筋梗塞も大動脈解離も無かったわけで、父は苦しそうにしてるけどとりあえずホッとして帰ってきました。


おそらく大丈夫でしょう。


明日は、また朝から銀座に戻って開業の準備です。







銀座 Cosmedical Clinic Cynthia 内装写真を撮ってもらいました。




今日は、昨日に引き続き消防署に行って防火管理者の研修でした。

朝から、夕方までの講習に加えて、最後はテストがありました。


テストを受けるのはおそらく外科の専門医(当時は認定医)試験以来かもしれません。

やっぱり、試されるというのはドキドキするもので、あんまり気持ちのいいものではありませんでした。


結果的には、問題文をよく読めば大概はできてしまう優しいものだったのでたすかりましたが(・・。)ゞ



帰ってきてから、銀座と日比谷にあるメイク&フォトスタジオOPSIS という写真屋さんに来ていただいて、院内の写真を撮ってもらったり、スタッフの写真をとってもらったりしました。


内装写真は、これからCosmedical Clinic Cynthia のホームページを飾ってくれるはずです。

(今の所はコンピューターグラフィックなので・・・)


本当は、スタッフの写真は撮る予定でもなかったなのですが、やっぱりプロの方に撮ってもらったらいいね(-^□^-)っていうことでお願いしてしまいました。

(ちなみに僕もここでお見合い用の写真を撮っています。 腕がよくて本物よりもかっこよくとれる?Σ(・ω・;|||)



みんな、最初は照れていたものの、OPSISのスタッフの方のメイク道具を見たら、突然積極的になって大騒ぎでした。


まあ、CAとかモデルさん或いはお見合い写真でもなければ本格的にメイクして写真撮ってもらうこともないからね。


みんな、開業準備で大変だから少しは楽しいこともないとなあ・・・








左の写真はうちの点滴室でメイクをしてもらってる様子です。


ちなみに、この部屋からは銀座の夜景がきれいですよ*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆











ちなみに僕もあまりに髪がすごい状態だったので直してもらいました。(2か月切りにいけてない・・・(´・ω・`))

誰か銀座で夜遅くまでやっててフレンドリーな美容室を教えてくれないかな・・・




プロフィール

drcynthia

Author:drcynthia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード